永代供養の遺骨の安置の仕方とは

###Site Name###

供養の形態の1つに永代供養があります。

永代供養では様々な形態の墓によって執り行われることになりますが、そこでは、遺骨の安置に関してもいくつかのタイプがあり、それぞれに特徴があります。

まず、単独墓タイプとなる個別安置型があります。



ここでは骨壷を個人別に分けて専用に場所に安置をすることによって永代供養が行われることになり、通常のお墓と同様に墓石を建て、納骨を行います。

但し、寺院では期限を設けていることも多く、その期限が過ぎた場合には、多くは共同墓タイプに改葬されることになります。

次に集合墓タイプとなる集合安置型があり、骨壷は他の故人と共通の棚の場所に安置されることになります。特徴としては個別安置型と同様にそれぞれに納骨スペースが設けられており、小さな石碑や石塔などを集合させて1つのお墓の形となっています。

東京の永代供養の情報もあります。

3つ目としては合祀型があり、これは共同墓タイプとしては広く見られる形となります。


特徴としては、遺骨を骨壷から出し、墓所内に埋葬する形式が取られており、永代供養の遺骨安置としては安い金額で行うことができるようになっています。
地域や宗派によっては合同墓、合葬墓と呼ばれることもあり、遺骨が混じってしまうことから、後からの改葬はできない方法となります。

厳選したYahoo!知恵袋の情報もあります。

最近においては、永代供養のタイプの中にも個別で墓が準備されることもあり、この場合には個別墓石安置型というタイプになります。自由墓地や個別墓、家族墓と呼ばれることもあり、一般のお墓の性格もあることから新しいタイプとして注目を集めています。